恋愛

彼女いない歴=年齢40代男が説く若くて可愛い娘からモテる為の講座 第7回

ハイ皆様こんばんわ!

前回の講義で次は外見を磨く前に持つべきものを紹介すると予告したのですが、それは一旦おいておいて、若くて可愛い娘にモテる為に重要なマインドを復習しましょう!

自分が貼り付けた動画内で触れた内容なのですが、自分の文章ではさして触れなかった気がするんで・・。結局まず、マインドが大事です。しっかしたマインドを持っていないと、ぶれるからです!「やっぱ、自分には無理なんだ」とあきらめてします、実はモテてたのに、気づかず、何年間も無駄に過ごしてしまった後、結局「俺は若くて可愛い娘が好きだ」と悟り、欲しくなるからです。自分がそうでした・・。

それでは始めます!

まず、現代の価値観「恋愛」という概念を捨てましょう!

異性に魅力を感じるという事は所詮、この男、若しくは女と契りを結べば優秀な子供が生まれるのではないか?という性的衝動にしか過ぎません・・。

そう感じる異性は男女ともに一人だけではなく、複数感じるでしょう!恋愛って概念だと一人に決めて、他の異性には目もくれず、たった一人の恋人に一途にいるってスタンスですが。

はっきり言って、自分にそう思い込ませているだけで、本能は違うという事は大抵の方には理解して頂けると思います。結婚などで長く付き合う事によって、絆、愛的なものは感じるでしょうが・・。性的衝動と愛は別物です

今日、主婦に乙女の眼で見られました・・。現代の価値観からすると、「結婚していて子供もいるのに、けしからん!」と思われるでしょうが、これが人間の本能なんで、否定するべきではないです。そもそも結婚という制度はよく言われますが、もう古いのかもしれません・・。
まあ子育ての観点からすれば合理的ですが・・。一夫多妻制になっても大方の人は女性に皆働いてもらっても、養える人ってのは極々僅かですから。確かプラトンの「国家」という本の内容では子供は国が管理すべきと主張していた気がします。そしたら皆一夫多妻制をとる事ができます。つうか子供は国に育ててもらっているのに、夫婦でいる必要はなくなってしまいますが・・。まあ人口大爆発で地球がもたなそうですが・・。

結局、狩の時代からすれば、文明は発達しましたが、人間の脳は変わっていないんですよね・・。男はより多くの子孫を残したい(優秀な子孫を残したいという思いはあるが、女性ほどではない。何故なら、健康で多くの女性とのチャンスに恵まれれば多くの子孫を残せるから)、女性は少ないチャンスでできる限り優秀な子孫を残したい(女性が一生に妊娠できるのは多くて3回みたいなので。←男性に比べ女性がガードが固いの理由がこれ)という本能はそのままです。

余談ですが男は基本女性争奪戦のライバルとして男を見る・・。男は競争が好きなのもこれが理由です。特に職場で顕著です。なので嫉妬されることも結構あります。いや男って面倒くさいですね。女の方が信用できます・・。男女の友情がないとはいえ・・。というより、ある年齢を超えると、男でさえ友達が作れなくなりますが・・。友達は学生時代どまりですね基本。

今思えば私が喧嘩の末に負けた方の「怖いからもう会いたくない、辞めてくれ」という言い分が通り、安定した会社を追われた事件の真相は、その職場で働いていたそいつの奥さんが私になびいていたのが、真相の様な気がします。奥さんの私に挨拶するときの目が女の目だったなーと今振り返って思います。その時は私がモテるとは思っていなかったんで・・。それにそいつは気づいていたのではなかろうか?と思います・・。そもそもこの会社に入れた理由が面接の時にいた女性事務員の押しがあったのではなかろうかと・・。募集していた職種では不採用だったんですよね・・。そいつ(喧嘩相手)に「ここどうやって入った?」と嫌そうに聴いてきた時、面接でその女性がいたことを言ったら、「○○さんだ!」と言っていました・・。そいつは私がモテる事に気づいていた・・。本人は気づいていないのに・・。その女性は小学生の女の子が二人いるにも拘わらず、離婚したんですよね。もしかしたら私と結婚する事を想定していたのかもしれない・・。一回話をしている時、滅茶苦茶女の目でみつめらたんですよね~。鈍感な私は「なんだったんだ?」って感じでしたが・・。だとしたら人生狂わせてしまったかな?私も魅力的には感じていたんで・・。ちなみに同い年位で若くはないですよ!たまにいるんですよね。おばちゃんでも魅力的な人が。

それにしても最初にどついたのは私ですが、背を向けて仕事に戻ろうとしたのに向かって来ておいて、返り討ちに会ったからと言って、「怖いから、もう会いたくない。辞めてくれ」なんてどの口が言えたものだと思います・・。皆と言うわけではないですが、男ってのは本当精魂腐った奴多いですよ。女もそうなのかもしれませんが・・。

本題に戻します!

何が言いたいかというと、既にお伝えしましたが「俺にはこの人しかいない!運命の人だ!」と勝手に自分に思い込ませない事です。

そう思ってしまうと、旨くいかないと精神的に不安定になるし、旨くいかなかった場合、滅茶苦茶へこむからです。そして「俺は女性にとって、魅力的ではない、モテない」と結論をだしてしまい、自分に自信がなくなるからです。でも冷静に考えてください!女なんて星の数(は言い過ぎか?)いるんですよ。まあ若くて可愛い娘となると、減ってしまいますが・・。

兎に角、一人に拘るのは不自然です。

彼みたいに軽くていいんですよ。↓(例)

 

まあ自分には無理ですがね😂街で脈を感じても声かけれないですからね。今の所会釈してやり過ごすのが関の山・・。彼のマインドは見習うべきです。

凄い眠い・・今日はここまで!次回こそは外見の前に身に着けるべきものです!では!

 

 

 

-恋愛

© 2022 暴力によって人生終了してしまった男のブログ Powered by AFFINGER5